リッチな気分でランチ☆「魚匠 銀平本店」

和歌山の旅五日目、お昼は~折角なので地元の有名店へ。銀平さんです。和歌山駅の方にもあるらしいのですが、こちらは和歌山市駅から徒歩15分程。大通りからは一本入ったところにあるので、私も行くときに、うん???と少し不安になりつつ到着。


f0391490_00154620.jpg

なんというか、市堀川のたもとにあって入り口がどーんという風にはなっていないのです。しかし佇まいは流石。ちょっと入り辛いなぁ…と思いつつも、ランチはそこそこお手頃なものがあるようなので、思い切って入店。


f0391490_00154619.jpg

平日13時前、満席。しかし退店する方も多く席を作るために待っただけ。後で知りましたが、なんか聞いたことあるような名前だけれど…と思ったら東京にも大阪にも店舗がありました。なーんだ。





f0391490_02461474.jpg

まぁでも、地元の漁港で朝水揚げされた魚を、その日に食べられるのは和歌山にある店ならではじゃないかなぁ。店内は外観と同じく落ち着いた雰囲気。

f0391490_00151682.jpg

カウンター席に案内されました。目の前で板前さんが作って下さいます。どうやら人気店なので、人数がいる場合や確実に行きたい場合は予約をした方が良さそうです。「魚匠」というくらいですから、魚がメインの定食が色々ありました。ほかの小鉢や蕎麦が付くのは同じようです。


f0391490_00151629.jpg


直ぐにお茶とお絞りを頂きました~。看板メニューの鯛めしも有名で人気のようですが~こちらは10食限定でコースみたいです。次は是非、食べてみたいなぁ。ちょっとお高めだし、時間もないから次回。ということで、刺身大好きな私は御造里定食 1,620円 にしました。


f0391490_00151605.jpg

箸置きがなかなか洒落てる。どうやら器にも自信があるご様子。HPに「豪快にさばいて華麗に盛り付け。器とのコラボレーションもぜひお楽しみください。」とありました。こりゃー楽しみだ。因みに定食は、ご飯・味噌汁はお替り自由みたい。



f0391490_00424932.jpg


先ずは自家製蕎麦。冷たいお蕎麦。大きなざるに、お蕎麦が上品に乗っています。おおっ、と思ったのが、つけつゆ。写真だけ見ると、うん?味噌汁?と思っちゃいそうですが、なーんとなめこおろし!つゆに大根おろしとなめこ、小口切りのねぎが入ったものです。これが美味しい!


f0391490_00424963.jpg

そばは細く、冷たく締められています。このキンキンさは矢張り関西だなぁ。その昔、神戸で飲める旅仲間さんが連れて行ってくれた造り酒屋が経営する料理やさんで食べた蕎麦がえらい冷たくてビックリしたことがあります(笑)。いやー、実際に現地で食べるって大事!


f0391490_00424934.jpg

いやー喉越しも良いし、茹で具合も好み。蕎麦、もっと食べたいなぁ…と思ったけれど、この後メインもご飯も出てくるんだった。このつけつゆ、出汁が良く効いていて全部飲んじゃった。飲んじゃいけないもの…じゃないよね?いやだってなめこも食べないと勿体ないし。


f0391490_00425005.jpg

続いて小鉢三種盛。半月盆に乗って~しらす、おぼろ豆腐、天ぷらでした。おおお、シラスの量が半端ない!これ、他の東京の店で出てきたらこれの1/3か良くて半分じゃないかなー。カボスが添えられています。ふっくらとしていて、美味しい~!はぁぁ幸せ。


f0391490_00424902.jpg

マグカップに入ってくるのが、また面白い。おぼろ豆腐。しっかりと大豆の旨味が感じられます。こういう美味しいお豆腐は、余り醤油も要らないですねー。しかし世界に、同じ原材料のものを掛ける料理ってあるだろうか。大豆on大豆。


f0391490_00571873.jpg

天婦羅は、南瓜・白身魚・いんげん。衣も付き過ぎず、カラリと揚がっていて美味しいです。南瓜はホックリ、白身魚には、おお大葉が挟んであります。淡白な白身に大葉の香りが良く合います。いんげんは歯応えがいい。美味しい。添えられた塩で頂きました。


f0391490_00571806.jpg

メイン!御造里(この字の使い方初めて見た)。おおお、また器が涼し気なガラスの大きなお皿。下にしっかり氷が張られていて、上にもみずみずしい葉っぱが添えられています。鮮度は抜群!しかし…これカットが失敗ではなかろうか。なんでこんなに分厚く…方向も違う気がする。


f0391490_00571846.jpg

ぶつ切りみたいな不格好な…なんでこんな…あ、そういえば「豪快にさばいて」って書いてあったな。こりゃ豪快過ぎるわ。魚だって、切る方向によって味が変わっちゃう。残念。綺麗に切られていたら、さぞや美味しかっただろうな…いや、魚自体はとても新鮮でした。


f0391490_00571747.jpg

ご飯、美味しい~いやー水もいいんでしょうね。意外だったのは、お椀が豚汁だったこと。へぇぇ。これは面白い。魚尽くしだとたまに肉が恋しくなることがあるけれど…肉の旨味も溶け込んだ美味しい豚汁でした。更に、ご飯のお供三種。割り干し大根、白菜漬け、塩昆布大豆。


f0391490_00571862.jpg


これこそもう少し器を大きくした方が良い気がしますが、どれも美味しい。ご飯、お替りしちゃいました。 いやーそれにしても刺身は残念。刺身がちゃんとしていたら、3,7付けてました。まぁでも落ち着いて食事が出来ました。ご馳走様でした~!

魚匠 銀平本店魚介・海鮮料理 / 和歌山市駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2



[PR]

by mizukiroku | 2018-08-02 00:00 | 和食:Japanese Food | Comments(0)  

<< 添加物なしの美味しい焼き菓子☆... I-ne JADE BLANC... >>