絶品スープの支那そばが600円!「びぜん亭」

今日も今日とて、イタリア文化会館アニエッリホールへ。その前に腹ごしらえ。この日も飯田橋駅から歩いて行くことにしたので、その道中にあるお店…以前から行ってみたかった、びぜん亭さんへ。場所は確認済みなのでスムーズに到着。飯田橋駅から早稲田通りを左に入ったところにあります。通し営業がありがたい。


f0391490_17264669.jpg

おおお、春には見なかった、緑のカーテンが!素敵。黒い扉に黒ぶちの看板、支那そばとは書かれていますが、どちらかというと日本蕎麦のような佇まい。間口が狭く、奥に長い店舗。とは言っても一階はカウンター席のみ。既にビールで盛り上がっている先客さん。見えた限りでは4名、予約客らしい方々が後で続々と二階へ。


f0391490_17264795.jpg

その後お一人様一名がカウンター席へ。常連さんが多いところなんですね。ともすると男性お一人様が殆どでもくもくとラーメンを食べるのみ、という店内とはおよそ違う雰囲気。後会計方式。メニューは後ろの壁に掛かっています。カウンター席自体に奥行がないので、ちょっと見づらいですねぇ。
blogram投票ボタン




f0391490_17264683.jpg


でも決めていました、支那そばと炊き込みご飯、味つけ玉子です。大将、ノリが面白い。東京の人じゃないのかな…東京の人だとしたら下町の方だろうか。私の前には厨房とカウンターを隔てるアクリル板があるので、その上から色々渡して下さいます。最初に、炊き込みご飯到着~おおお、盛りがいい!


f0391490_17263584.jpg

これで100円なんて…私は頼まないけれど、普通のラーメン屋で100円の小ライスでもこんなにないのでは?人参・椎茸などたっぷり♪見た目ほど濃い味ではないです。出汁が効いています。なんだか、ホッとする味です。その後、支那そばも到着。うほほ。なんともオーソドックスながら美しい見た目!


f0391490_17274618.jpg

先ずはスープから。いっただっきまーす!おおお…こちらも見た目の色の濃さに反して、優しい味!うんまー!!!いやぁこのスープいいなぁ。美味しい。今日も今日とも暑いので、スープで塩分補給やわ。ついつい蓮華が進みます。濃い口醤油なのかな。所謂、中華そば、支那そばというネーミングがピッタリの味。


f0391490_17263594.jpg

にぼし、鰹節ももしかして入っているかな…メインは鶏ガラかなぁ。味付け玉子は、そのまま丼に入ってやって来ました。こちらにもしっかり色がついています。固ゆで玉子というのは皆さんのレビューを拝見して知っていたので、驚くことなく割ってみると、なるほど本当に固ゆで。


f0391490_17263582.jpg


何日か漬けたのかな、と思われるほど白身に漬け汁が染み込んでいます。ふむふむ。確かに、こういう支那そばなら固ゆでもありだなー。こちらは見た目と同じくらい、割としっかり味が付いていますね。さ、麺は~中細ちぢれ麺。加水高め。つるんとした舌触り、すすりやすい。よく美味しいスープを纏っています。


f0391490_17263539.jpg

スープに比べると、麺はインパクト薄目な印象。青菜がシャッキリとしていい。メンマはくたっと系でこちらも甘めの味がしっかりめ。ほかにほろほろ叉焼。これぞ叉焼!という感じの中華系叉焼。いやはや、これが600円とは恐れ入ります。〆て800円。うーん、安い!


f0391490_17271262.jpg

常連さんから注文を聞くと「オッケイ!」と応える大将、おもろい。私にも背負っているリュックを持って「重そうだな~」なんて気軽に声を掛けてくれます。ハハハ。厨房と近いので汗だくになりながら食べ終わりました。今度は呑みながら楽しみたいですねぇ。平日17時ながら既に賑わっている店内でした。ご馳走様でした~!

びぜん亭ラーメン / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


[PR]

by mizukiroku | 2018-09-28 00:00 | 拉麺:Ramen Tsukemen Ma | Comments(0)  

<< マルコ・デル・グレコ ギターコ... Curel 頭皮保護ローション >>