人気ブログランキング |

「ロザリオ・ジュリアーニ&ファブリッツィオ・ボッソ クインテット コンサート 」

「ロザリオ・ジュリアーニ&ファブリッツィオ・ボッソ クインテット コンサート」


ロザリオ・ジュリアーニ アルトサックス ファブリッツィオ・ボッソ トランペット アレッサンドロ・ランツォーニ ピアノ ダリル・ホール ベース 江藤 良人 ドラムス R.ジュリアーニとF.ボッソは、2000年にボッソがデビューアルバムをリリースして以来、共演を続けており、その息のあった演奏は聴きごたえ充分です。また、サイドメンも、それぞれがリーダーとして活躍しているメンバーばかりです。その音楽性で高い評価を得ている5人が、聴く人の心に響く魅惑のステージを繰り広げます。


f0391490_03534993.jpg

ロザリオ・ジュリアーニ (as) Rosario Giuliani
1967年テッラチーナ生まれ。1987年、フロジノーネ国立音楽院を首席で卒業。
その後は、エンニオ・モリコーネなどの多くの映画音楽の仕事にも関わり、イタリアおよび外国のレコード会社とさまざまなレコーディングを行う。
数々の賞を受賞し、イタリア国内だけでなくヨーロッパ中にその名が知られることとなる。
最も勢いと人気があるイタリアが誇る世界的サックス奏者。


f0391490_03534869.jpg

ファブリッツィオ・ボッソ (tp) Fabrizio Bosso
1973年トリノ生まれ。15歳でトリノのヴェルディ音楽院を卒業。
2007年ブルーノートと契約。現在までCDを多数リリース。
Top Jazz Award、The Best Trumpeterなどを受賞する。
現代ヨーロッパのジャズシーンを代表し、イタリアが世界に誇る、正真正銘の天才ジャズ・トランペット奏者。東京のコットンクラブ、ブルーノート、ブルガリ(銀座)、東京ジャズの招聘で数回来日している。今回が日本での初めてのコンサートツアーである。


f0391490_03534933.jpg
アレッサンドロ・ランツォーニ (p) Alessandro Lanzoni
1992年フィレンツェ生まれ。2012年、フィレンツェのケルービーニ国立音楽学校のピアノ科を最優秀の成績で卒業。
同学の2012年ピアノ賞を受賞。その後もイタリア・ジャズ界の登竜門、マッシモ・ウルバーニ賞などを受賞。
14歳でピアノソロアルバムをリース。
そのデビューで神童と言われ、さまざまな国の新聞、雑誌、ラジオ番組に取り上げられ、圧倒的なテクニックと卓越したスイング感でジャズ界の注目の的となった。今回初来日。


f0391490_03534930.jpg

ダリル・ホール (b) Darryl Hall
1963年生まれ。パリ在住。
1996年、セロニアス・モンク・インターナショナル・ベース・コンペティションで優勝する。
2004年以降、活躍の場をアメリカからヨーロッパに移し、R.ジュリアーニをはじめ、ヨーロッパ各地で多くのヨーロッパやアメリカ人アーティストと共演している。
今回はR.ジュリアーニ、F.ボッソ両名の希望で来日が決まった。


f0391490_03534959.jpg
江藤 良人 (ds) Eto Yoshihito
1973年三重県生まれ。
1998年渡辺貞夫バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。モントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)他に出演。
2006年から2015年まで『ルパン三世』の音楽で知られる作曲家、大野雄二率いる“Yuji Ohno & Lupintic Five”に参加。
現在は自分のグループやさまざまなセッションで活動中。

2019年9月19日 18:30 イタリア文化会館 アニェッリホール
レストラン・飲食店旅行・お出かけ更新を通知する




やっぱジャズはいいわぁ。
江藤さんのドラム、そうそう大野さんのライヴで聴いたことあった!!
スネアがキレッキレでめっちゃカッコいいっ!

あとは特にファブリッツィオさんの音が好きだったな~。

ロザリオさんはエンニオ・モリコーネとも仕事をしたことがあるそうですが、「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマもやってくれて嬉しかったです。

どうもありがとうございました~!!

by mizukiroku | 2019-09-25 12:00 | 音楽:Music | Comments(0)  

<< 日光天然氷の美しいカキ氷☆「埜庵」 このロケーションでお値打ちラン... >>