人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 61 )   > この月の画像一覧

 

月夜

二日目の空。


f0391490_01370946.jpg

息をのむほど、綺麗だった―!


f0391490_01370927.jpg

台風が日本列島を通過しています~皆さん、御無事で。

by mizukiroku | 2018-09-30 12:00 | 景色:Views | Comments(0)  

復活!ナンタコス♪女子に人気なカフェスタイルモス! 「MOS CAFE 西銀座店」

モスのクーポンが期限切れになりそうだったので、慌てて訪問。いやもうこんだけ暑いと、キッチンに立ちたくない(笑)。まぁ、あとは復活したナンタコスも食べたかったしね。違う店舗も開拓したいなぁと思いつつ、銀座で仕事なのでその前に訪問。また西銀座のモスカフェ。平日19時過ぎ、なかなか賑わっています。


f0391490_15210172.jpg

私が前回訪問した時は、モスカフェは7店舗あったようですが…大阪の店舗はなくなり、京都と岐阜に増えていました。応対してくれたのはこれまた外国の方でした。どちらのお国の方か判別できなかった…ちょっと悔しい。台湾かベトナムかと思うんだけど。銀座駅C7出口から直結です。便利~。奥に長い店舗で、階段も多いことからこちらのお店では先に会計を済ます仕組み。


f0391490_15210119.jpg
席は店員さんが確認してくださいます。でも、先に席を確保しようとしたお客さんが駄々をこねていて、店員さんがお困りの様子でした。ひとりなら必ず座れるのに。ナンタコスのポテトSセットがクーポン価格で810円。ファストフードとしてはお高め~。更に、レジ横の綺麗な冷蔵ケースに目を奪われて、この日残り一個だった豆乳スイーツマンゴー380円もついつい。
blogram投票ボタン


More

by mizukiroku | 2018-09-30 00:00 | 快食:FastFood | Comments(0)  

「Verona Night ヴェローナの三銃士が贈る音絵巻」

コンサート「Verona Night ヴェローナの三銃士が贈る音絵巻」


f0391490_01381837.jpg

ロミオとジュリエットの舞台、美しきヴェローナからやってきた3人の音楽家達が贈るスペシャルコンサート。

アレッサンドロ・ベヴェラリ クラリネット オマール・カマタ バリトン セルジョ・バイエッタ ピアノ

プログラム

C. ドビュッシー(1862-1918) クラリネットとピアノのための第1狂詩曲
P. サラサーテ(1844-1908)(N. バルデイルー編) カルメン幻想曲
F. リスト(1811-1886) リゴレット・パラフレーズ
F. サイ(1970- ) パガニーニ変奏曲
G. ロッシーニ(1792-1868) 歌劇『セビリアの理髪師』より“私は町の何でも屋”
G. ヴェルディ(1813-1901) 歌劇『ファルスタッフ』より“名誉だと!泥棒めが!” 他


f0391490_01381836.jpg


アレッサンドロ・ベヴェラリ クラリネット Alessandro Beverari, clarinetto
9歳からクラリネットをはじめる。2008年大学在学中に、アレーナ・ディ・ヴェローナ管弦楽団と共演。モーツァルトのクラリネット協奏曲でデビューを飾る。卒業後は、イタリアクラリネット界の鬼才パオロ・ベルトラミニの下で研鑽を積む。 数々の国際コンクールで上位入賞を果たし、最近ではマルコフィオリンド国際クラリネットコンクール第1位、第15回東京音楽コンクール木管部第1位に輝いたほか、2018年6月には国際アウディ・モーツァルト・コンクールで第1位を獲得した。スイス・ロマンド管弦楽団をはじめ、数多くの音楽祭でトップ奏者らと共演。2017年より東京フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者として活躍中。


2018年9月28日 18:30~ イタリア文化会館 アニェッリホール blogram投票ボタン


More

by mizukiroku | 2018-09-29 12:00 | 音楽:Music | Comments(0)  

しっとりいちじく饅頭☆「大村大月堂 本店」

浅草のまるごとニッポンの、福岡コーナーで発見。
お店は行橋の台所、えびす商店街近くにあるそうです。行橋駅から徒歩8分くらい。


f0391490_03404916.jpg

行橋はイチジク栽培が盛んなところです。地元の名産を使った商品、という訳ですね。ひとつ130円くらいだったかなぁ。お手頃でした。パッケージを開けてみると~しっとりした綺麗な焼き色の饅頭が現れました!おおお、…この手触り、好き。


f0391490_03404856.jpg

中には白あんといちじくが入っています。卵がたっぷり使われている感じで、生地の風味が良いです。生地とあんのバランス、食感も良くてあっという間に食べてしまいました。いちじく好きとしては、もう少しいちじくが感じられると嬉しいかな。ご馳走様でした~!

blogram投票ボタン


More

by mizukiroku | 2018-09-29 00:00 | 甘味:Japanese sweets | Comments(0)  

マルコ・デル・グレコ ギターコンサート「マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコへのオマージュ」

マルコ・デル・グレコ ギターコンサート「マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコへのオマージュ」


f0391490_23322393.jpg


マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)の没後50年を記念して、数々のコンクールで受賞している実力派ギタリストのマルコ・デル・グレコが、20世紀のギター作品のなかで傑作のひとつと言われる「ゴヤによる24のカプリチョス」から8曲演奏します。

それに先立つ第1部では、琴の奏法を取り入れた細川俊夫の「セレナーデ」と、武満徹の最後の作品「森のなかで」を演奏します。
また、当日は、マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコの孫、コスタンツァ・カステルヌオーヴォ=テデスコ氏が祖父の作品について語ります(英日逐次通訳付)。


f0391490_23322197.jpg

プログラム

細川 俊夫 セレナーデ(2003)  月光のもとで  夢路
武満 徹 森のなかで-ギターのための3つの小品(1995)  ウェインスコット・ポンド-コーネリア・フォスの絵画から-  ローズデール  ミュアー・ウッズ
*********


f0391490_23322075.jpg

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ  ゴヤによる24のカプリチョスOp.195(1961)  
n.1 フランシスコ・ゴヤ・イ・ルシエンテス、画家  
n.5 連中の手はずは整った(モデラート-テンポ・ディ・“ビリャンシーコ”)  
n.6 愛と死と(タンゴのテンポで-重苦しく悲劇的に)  
n.12 仕方がなかった(ごく遅く、陰気かつ荘重に-グレゴリオ聖歌“怒りの日”の主題によるパッサカリア)  
n.13 どちらの方が首ったけ(陽気に-舞曲リゴードンのテンポで)  
n.19 細く紡ぐ(急速に、不吉に-陰鬱な紡ぎ女のように)  
n.20 師匠への贈り物(アンダンテ)  
n.24 嘘と無節操の夢(ファンタジーをもって-吟踊風の流儀で)

2018年9月26日 18:30~イタリア文化会館 アニェッリホール blogram投票ボタン



More

by mizukiroku | 2018-09-28 12:00 | 音楽:Music | Comments(0)  

絶品スープの支那そばが600円!「びぜん亭」

今日も今日とて、イタリア文化会館アニエッリホールへ。その前に腹ごしらえ。この日も飯田橋駅から歩いて行くことにしたので、その道中にあるお店…以前から行ってみたかった、びぜん亭さんへ。場所は確認済みなのでスムーズに到着。飯田橋駅から早稲田通りを左に入ったところにあります。通し営業がありがたい。


f0391490_17264669.jpg

おおお、春には見なかった、緑のカーテンが!素敵。黒い扉に黒ぶちの看板、支那そばとは書かれていますが、どちらかというと日本蕎麦のような佇まい。間口が狭く、奥に長い店舗。とは言っても一階はカウンター席のみ。既にビールで盛り上がっている先客さん。見えた限りでは4名、予約客らしい方々が後で続々と二階へ。


f0391490_17264795.jpg

その後お一人様一名がカウンター席へ。常連さんが多いところなんですね。ともすると男性お一人様が殆どでもくもくとラーメンを食べるのみ、という店内とはおよそ違う雰囲気。後会計方式。メニューは後ろの壁に掛かっています。カウンター席自体に奥行がないので、ちょっと見づらいですねぇ。
blogram投票ボタン


More

by mizukiroku | 2018-09-28 00:00 | 拉麺:Ramen Tsukemen Ma | Comments(0)  

Curel 頭皮保護ローション

当選シリーズ☆

またまた花王さんのCurelシリーズ!


f0391490_01420330.jpg

右側の方ね。チューブです~。


f0391490_01420374.jpg

頭皮保護ローション!これ、日焼けした時なんかに良いですねー!どうもありがとうございました~!


blogram投票ボタン

by mizukiroku | 2018-09-27 12:00 | 美:beaty,art | Comments(0)  

世界一のソルベ!!!「やんばるジェラート ライカム店」

東武池袋沖縄展にて。

この日のお目当ては、世界一に輝いたジェラート。物産展最終日閉場1時間前、先客1名。持ち帰り用のカップは殆ど売り切れ。その場で頂けるジェラートはカップのみでシングルとダブルがあります。フレーバーによってプラス100円。


f0391490_00444825.jpg

やんばるジェラートさんは、やんばるの農産物を使ったジェラート専門店。ラ ローズ ノワールのマカロンも販売されているそうです。 2015年に「マエストロコンテスト」で日本一に輝いたジェラート職人さんが、様々なジェラートを作られているんだとか。店員さんはとっても愛想が良くて、気持ちよくお買い物出来ましたー。


f0391490_00451989.jpg

柴野 大造(右) Taizo Shibano 世界ジェラート大使(Roma)アジア人初就任 2017 Gelato World Tour Grand Finale 東アジア代表 2016 Sherbeth Festival 外国人部門1位(Palermo) 2015 ジェラート日本チャンピオン(日本ジェラート協会主催) 2014 ジェラート国際コンテストピスタチオ部門入賞(Rimin) ジェラートイリュージョンパフォーマー 日本ジェラート協会理事

blogram投票ボタン


More

by mizukiroku | 2018-09-27 00:00 | 冰:Kakigoori,IceCream | Comments(0)  

パッケージも素敵なドライフルーツ☆「Progres 松屋銀座店」

頂きものシリーズ☆


f0391490_22502288.jpg
プログレさんのドライフルーツ~♪


f0391490_22502213.jpg

プログレさんは、ドライフルーツ・ナッツの専門ショップ。
「美味しく、楽しく」をメインテーマにすえて、世界中から厳選した、とびきりの商品をあなたのもとへ届けたい、と云うのがコンセプトだそうです。



More

by mizukiroku | 2018-09-26 12:00 | 菓子:snacks | Comments(0)  

ルミネの上でご飯☆「Giulietta PizzeriaDolceria 新宿店」

とある日、自分からじゃ絶対に来ない新宿ルミネエスト 8F。レストラン以外は来ますけどね、駅ビル系でご飯に行こうとは普段、思いませんからねー。貴重な体験です。平日19時頃、予想通り決めかねてこちらへ入店。週末だというのに、ガラガラ。しかし、時間を追う毎に混んできました。


f0391490_02532062.jpg

入ると、店員さんがマニュアル通りに接客。混んできたら、90分だか2時間だかで退席をお願いするかもしれません、みたいなことを言われたのですが…その言い方も、ホント、マニュアル通り。苦笑。ガラガラな状態で聞いたので、余計に。でも、結局それはありませんでした。


f0391490_02532041.jpg

ハーフサイズのピッツァとパスタ・グラタン・ラザニアがそれぞれ選べ、ミニサラダ、季節のスープ、プチデザートがセットになったスペシャルコンビというものにドリンクセット。1,480円+200円。色々ちょっとずつ食べたい女性は好きなセットでしょうね。

blogram投票ボタン


More

by mizukiroku | 2018-09-26 00:00 | 伊食:ItarianFoods | Comments(0)